«
»

どう止める北の核、2次的制裁の対象広げよ ジョセフ・デトラニ氏

ジョセフ・デトラニ氏

元米朝鮮半島和平担当大使 ジョセフ・デトラニ氏

核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対して、トランプ米政権は最大限の圧力で対応している。

 トランプ大統領は北朝鮮問題を解決する必要があると強く感じており、積極的に取り組んでいると言える。制裁の実施など必要なことは全て行っているし、昨年のアジア歴訪で北朝鮮への圧力強化を各国に求めたのも評価できる。

 トランプ氏はまた、軍事力行使を含む「全ての選択肢がテーブルの上にある」と明言している。国の指導者は市民を守る義務があり、自国や同盟国に脅威が差し迫っている場合には、それに対応しなければならない。外交努力だけで北朝鮮に核を放棄させられればいいが、非核化に応じなければ、拡大する脅威を防ぐために軍事的な選択肢を真剣に検討せざるを得ない時が来るかもしれない。

北朝鮮の核開発を止めるのは難しいのか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。