■連載一覧
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2019/2/19
  • 2019/1/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 渥美 堅持
    渥美 堅持
    イスラーム専門家
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    遠藤 哲也
    遠藤 哲也
    元日朝国交正常化交渉日本政府代表
    蒲生健二
    蒲生健二
    アジア情報ブロガー
    服部 則夫
    服部 則夫
    元ベトナム大使
    石井 貫太郎
    石井 貫太郎
    国際政治
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮塚 利雄
    宮塚 利雄
    北朝鮮専門家
    中澤 孝之
    中澤 孝之
    ロシア問題
    丹羽 文生
    丹羽 文生
    拓殖大学海外事情研究所准教授
    太田 正利
    太田 正利
    外交評論家
    ペマ・ギャルポ
    ペマ・ギャル...
    チベット・中国問題
    佐藤 唯行
    佐藤 唯行
    ユダヤ人問題
    渡瀬 裕哉
    渡瀬 裕哉
    早稲田大学招聘研究員
    山田 寛
    山田 寛
    元読売新聞アメリカ総局長

    【速報】WSJ「五輪期間中の合同軍事演習を中止」

     日本時間の今朝、WSJがとんでもないニュースを報じました。

    【米韓合同軍事演習中止報道の真相】

    ●WSJ、「韓国大統領府が米韓合同軍事演習中止と発表」

     日本時間の今朝未明、米ウォールストリートジャーナル(WSJ)電子版は、「米韓両国が平昌(へいしょう)五輪期間中の軍事演習を行わないことで合意した」と報じました。

    U.S. and South Korea Agree Not to Hold Military Exercises During Olympics(米国時間2018/01/04付 WSJオンラインより)

    記事の冒頭の原文と私の文責による意訳は、次の通りです。


    President Donald Trump and South Korean President Moon Jae-in agreed not to hold springtime military exercises during the Olympics, the South Korean president’s office said, a move that could cool tensions with North Korea.(仮訳)ドナルド・トランプ大統領と南朝鮮のモオン・ジャエ・イン大統領は五輪期間中の春季合同軍事演習を行わないことで合意した。南朝鮮の大統領府が明らかにしたもので、これにより、北朝鮮との緊張が緩和されることが期待される。


    ※南朝鮮(South Korea)とは韓国の意。また、モオン・ジャエ・イン(Moon Jae-in)とは、「文在寅(ぶん・ざいいん)」のローマ字表記。

     WSJによると、米韓両国大統領の30分間の電話会談でこの方針が決定されたとしていますが、これについては韓国大統領府のみが公表しており、米国・ホワイトハウス側はそのような発表はなされていない、としています。

    ●飛ばし報道か、本当に合意したのか?

     これをどう見るべきでしょうか?

     私は、この報道については3とおりの見方があると考えています。

     1つ目は、「本当に米韓両国が軍事演習の延期で合意した」、とする仮説です。

    米国が韓国との間で合同軍事演習を開催する大きな目的の1つは、北朝鮮に対する牽制だけでなく、いつでも「訓練」を「実戦」に変えるためでしょう。

     それを、五輪期間中に訓練を実施しないと表明することは、北朝鮮に対して「少なくとも五輪期間中には北朝鮮攻撃をしませんよ」というメッセージであるとも取れますし、あるいは「攻撃しないよ」と見せかけて北朝鮮を油断させるための米国の高等戦略なのかもしれません。

     2つ目の可能性は、単なる韓国側の飛ばし報道です。

     文在寅氏は昨年12月の中国訪問に際して、習近平(しゅう・きんぺい)中国国家主席に対し、「朝鮮半島における戦争は絶対に容認しない」と米国に断りなく、勝手に約束して来てしまったという「前科」があります。

     文在寅氏の頭の中では、完全に「開戦を避けること」が最優先課題になってしまっていて、トランプ氏との電話会談でも、合意したと「勘違い」しているのかもしれません。

     そして、3つ目の可能性とは、「米国の韓国切り」です。

     今の段階で「米国が韓国を切り捨てることを決断する」とは考え辛いのですが、それでも可能性はゼロではありません。というのも、韓国の主体性のなさ、北朝鮮情勢を巡る無責任さに鑑みれば、米国が韓国に対して、相当にフラストレーションを感じているであろうことは、想像に難くないからです。

    ●韓国大統領府、米国を裏切る?

     この3つのうち、一番可能性が高いと私が考えるのは、2つ目の「飛ばし報道」です。

     私の見立てだと、すでに韓国は部分的に中国の属国になりつつありますが、それと同時に、北朝鮮の精神的な属国にもなりつつあります。

     韓国は米国の同盟国ではありますが、それと同時に、現在の韓国は、機会があればいつでも米国を裏切ろうとしていると見た方が良いでしょう。

     そして、こうした韓国の姿勢を米国が見透かしていないはずなどありません。

     もしかすると、米韓首脳会談では、本当にトランプ氏が「軍事演習の延期」を言い出したのかもしれません。というのも、「敵を騙すには、まず身内から」と言われるとおり、「身内」である韓国を騙しておいて、実際に平昌五輪の期間中に、日本海側から北朝鮮空爆を実施するつもりかもしれないからです。

    【日米韓3ヵ国連携には無理がある】

     「日米韓3ヵ国連携」の中で、最も弱いのが韓国です。日米韓3ヵ国が一致団結すれば、北朝鮮や中国にとっては厄介であることは間違いありませんが、その中で最も弱い韓国から団結に綻びが生じれば、北朝鮮や中国が喜ぶことも事実です。

     つまり、私に言わせれば、「日米韓3ヵ国連携」を続けることの方が、リスクが高いのです。

     その韓国は、国としての優先順位もつけられず、日本との慰安婦合意を蒸し返そうとして、北朝鮮という目の前の危機から現実逃避しています。

     もちろん、私も日米政府が本気で「日米韓3ヵ国連携」を信じているとは思いません。「建前」として、そう言い続けているだけでしょう。

     しかし、韓国がこのような状態になっているにもかかわらず、首相官邸が「日米韓3ヵ国連携」と言い続けること自体、日本国民に不安を与えているということは、首相官邸としても、もう少し、意識して欲しいところです。


    「新宿会計士の政治経済評論」ブログより転載
    http://shinjukuacc.com/

    4

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。