■連載一覧
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2019/2/19
  • 2019/1/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    北朝鮮がまたミサイルを発射、これを危機と呼ばずしてなんとするのか?

     北朝鮮がまたミサイルを発射しました。上に高く打ち上げ、その距離は4000キロを超えたと言われています。これを普通に角度で打ち出せば、優にアメリカ本土まで届くそうです。

     アメリカが北朝鮮に対して「テロ支援国家」の再指定を行ってからの発射であり、全面的にアメリカと対峙する意思があること、またCHINAの影響力が完全になくなっていることを表していると思います。
     
     また一段、北朝鮮は処刑台の階段を上ったと思います。あと数段しか残されていないと思いますが、狂人国家は何をするかわからないのが現実です。

     ですから、話し合いだとか国際的に強調してとか言う段階を完全に逸脱していると思います。

     最後の最後まで話し合うべきだと主張する共産党の志位委員長に北朝鮮に行ってもらい、金正恩氏に面会してその真意を聞いてきてほしいものです。

     日本政府は日本国民の生命・財産を守るためにあらゆる手段を講じることができるように、この北朝鮮危機が終わるまでは外交安全保障問題に関しては、与野党が一体となって対応すべき時期に来ています。

     ちょっとほっとするのは、安倍政権の対処の速さであり、五時に防衛大臣の記者会見、六時には安倍総理の記者会見と事前にこの事態を把握していた痕跡が十分に垣間見えることです。

     ミサイルは打ちあがった瞬間にどんな軌道を描くのかがある程度わかるそうです。今回はロフテッド軌道だったので、日本本土には到達しないと判断できたのでしょうが、日本のEEZ領海内には着弾しています。

     ということは、排他的経済水域(EEZ)内ですから、当然の如く日本の漁船が操業しているかもしれない場所です。

     いわば自分の家の玄関の前の道路で爆竹を鳴らされたのと同じです。

     いつも同じ方向へ撃ってきます。だいたい着弾点は東北地方の手前か、股越した向う側です。この意味はここで何度も書いているのでもうお分かりだと思いますが、南に撃つことは韓国上空を飛ぶことになり、敵対行為とみなされ休戦状態の朝鮮戦争が再び始まる可能性があるということです。

     ですから私の住む福岡はミサイルの脅威を全く感じません。

     でも、北朝鮮の東北地方に向かってミサイルを発射する意味は、日本を舐めているとしか言いようがありません。

     空き地を挟んで二軒の家がありました。一軒は強面のおじさんがいていたずらをすると何をされるかわかりません。もう一軒は表札に「私は暴力が嫌いですから何をされても怒りません」と明記されている家です。

     不良たちはどちらの家の方向に打ち上げ花火を上げるでしょうか?
     
     一軒の強面のほうには絶対に飛ばしません。なぜなら怖いからです。

     もう一軒の非暴力の家に飛ばします。なぜなら怖くないからです。

     この不良たちが人間ができていれば、そんな平和主義の優しい人の所にちょっかいを懸けることは人の道に外れると言ってしないかもしれません。でも、そんな人間出来ていないから不良なのです。

     その不良もリーダーがリーダーとしてのメンツを保つために、お巡りさんが来てもいきがっていなければ手下に示しがつきません。

     お巡りさんはその保護者に「あんたがちゃんと躾しないとお仕置きするよ」とすでに断わっています。保護者もその不良に手を焼き、半分以上見放しています。

     その不良の支えは、そのまた隣に住むやくざの親分です。この親分は本気でこの不良の面倒を見るのかどうかよくわからないところがあります。

     お巡りさんも問題地域はここだけでなく、よその方がもっと大きな問題を抱えていてあまりここに時間や力を使いたくありません。

     そしたら、この非暴力の優しい家の人はどうすべきでしょう?

     1.どんなにやられても、頭を下げ続け、終わるのを待つ。その際に家が壊されようが、火事になろうが一切文句は言わない。

     2.町内会にその不良のことを訴えて、何とかしてくれるように頼む。しかし、自分では何もしようとはしません。

     3.お巡りさんと仲良くなってこっちが困っていることを自分のことのように思ってもらう。

     4.表札の非暴力主義をやめ、断固たる措置をするということを宣言し、家内の合意も取り付け、いつでも実力行使ができるようにする。

     みなさんだったらどれを選びますか?

     私は保険会社勤務時代に反社会的勢力の保険金に関するトラブルを何度か対処したことがあります。

     初めはビビッて何も言えずに相手の言うことだけを上司に伝えたのですが、「そんなことで営業所長になって部下を守れるかっ!」と叱咤激励され、意を決して不退転の気持ちで乗り込んだら意外とスムースに解決しました。

     そこからそういう勢力の人たちには一切弱みを見せずに時は怒鳴り返して交渉をするようにしたところ、保険会社時代の後半にはそういう人たちとのトラブルが亡くなりました。ときどき後輩所長の応援にはいきましたが、あっというまに解決するので不思議がられました。

     私を知る人は良く割ると思うのですが、体は中肉中背にお腹が出ていて、目は大きく、笑顔が素敵な男です。

     けっして強面ではなく、どこにでもいるようなおじさんです。それでもそういうトラブルを簡単に解決できたのは、心構えだと思っています。一歩も引かないという気持ちが交渉を優位にします。

     だから外交の最終手段は軍事力なのです。だれも簡単にその軍事力を使いたくありません。大切な将兵の命がかかっており、戦費が莫大になるからです。ただ危機がないとその軍隊の維持ができくなる可能性があります。そのためある程度の危機は作り出そうとする勢力が存在するのも事実です。

     日本は左巻きや反日勢力が「軍隊=悪」「戦争=絶対悪」という構図を国民に浸透させ、こんな状況下でも国会では延々とモリカケ問題を質問しています。ほんとうにくだらない。

     滑稽なのは韓国の文大統領で、あれだけの秋波を送り続けても見向きもしてくれない北朝鮮にお疲れの表情を見せ始めているそうです。このまま自体が推移したらあと少しで開催される平昌オリンピックはどうなるのでしょうか?私は日本選手団の派遣は見送るべきではないかと検討を始めてもいいのではと思っています。

     誤解しないでほしいのですが、今すぐやめろと入っていません。どんなケースなら見送るかどうかの検討はすべきだと言っています。

     つまりいろんな事態を想定して、シュミレーションをすべき事態まで来ていると思います。

     こういうと起きてほしくないことは起きないというのが戦後の日本の主流の考え方ですから、「一所懸命に頑張っている選手がかわいそうだ」とか、「スポーツと政治は切り離すべきだ」と言う人が出てきそうですが、もし、日本の大切な選手団に被害が及んだ時にはその人はどのような責任をとるのかをぜひ考えてほしいと思っています。

     今の日本には無責任に反対を唱える人が多すぎます。そのコストは全く考えずに、ただ少数の人が大きな声で反対をしたら、物事が止るということがおかしいでしょう。それも私側の人間の主張ではなく、反日親中親北の考えを持つ人たちの主張が通るのです。

     今は戦後最大の危機だと思います。皆さんはどう思います?
     私は煽りすぎ? ほら吹き? 妄想癖がある?
     私はただ大切な同胞の命を守りたいと思っているだけです。もちろんその中には大切な家族や友人も含まれています。
     
     最悪のことを考えるのが国会議員の使命だと思います。いまこそ与野党を問わずその使命を果たす時だと思います。


    『井上政典のブログ』より転載
    http://ameblo.jp/rekishinavi/

    70

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。