ワシントン・タイムズ・ジャパン

テロ支援国再指定、対北軍事行動の可能性高まる

高 永喆

 米国は中国特使が訪朝を終えた段階で北朝鮮をテロ支援国に指定した。北朝鮮を「殺人政権」と認定し、9年ぶりの再指定だ。

 今後、北朝鮮が米国と国際社会の圧力に屈しない場合、米国の軍事行動の可能性がますます高まるはずである。

 今回、金正恩朝鮮労働党委員長は中国の対北特使に会わなかった。金正恩委員長に代わって対外的に北朝鮮を代表する金泳南最高人民会議議長も中国特使と会わなかった。これは米中の対話提案を拒んだことに他ならない。それで、トランプ大統領は北朝鮮をテロ支援国に再指定したわけだ。

 最近、北朝鮮は朝鮮人民軍の黄炳瑞総政治局長と金元弘同第1副部長を粛正した。朝鮮労働党を代表する崔龍海・同党副委員長が主導し軍部トップの2人を処罰したという。

 今回はしかし、処刑を伴う粛清ではなく左遷並みの「粛正」だと考える。一見すると、党と軍部の権力闘争のように見えるが、軍部と党の力のバラ


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。