«
»

欧州のイスラム教徒、40年以内に多数派に

仏経済学者が予測

 現状のまま推移すれば、フランスなど西欧の白人人口は減少し、40年以内にイスラム教徒が過半数を占めるようになる。フランスの経済学者で政治コメンテーターのシャルル・ガーブ氏は仏シンクタンク「インスティチュート・デ・リベーテ」のサイトで公表した研究報告でこう指摘した。

 同氏によると、フランスの白人の出生率が1・4であるのに対し、イスラム教徒は3・4から4。フランスでは人種ごとの国勢調査は実施しないが、ガーブ氏ら研究者は、フランスのイスラム教徒の人口は同国人口の10%、670万人に達していると考えている。

 同氏は「40年以内に、オーストリア、ドイツ、スペイン、ベルギー、オランダでイスラム教徒が過半数になることはほぼ確実。これらは予測ではなく、計算による結果であり、新たな移民は考慮に入れていない」と指摘、中東、北アフリカからの合法、非合法の移民が続けば、この傾向は加速することになると主張している。

 ガーブ氏は、イスラム教徒の増加によって欧州の民主主義や言論の自由がどうなるかについては明言せず、「これが悪いとかいいとかと言っているわけではない。ただ、欧州は今後、大きく変化する。政治制度への影響は必至だ」と指摘している。

 イスラム教徒人口増加の兆候は欧州全域ですでに出ている。ベルギーの港町アントワープの小学生のほぼ半数はイスラム教徒、ブリュッセルの人口100万人の4分の1はイスラム教徒であることが明らかになっている。英紙デーリー・メールによると、2015年に英国で最も人気があった男の子の名前は、モハメドまたはそれに準ずる名前だったという。

(ワシントン・タイムズ特約)

2

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。