«
»

暗中模索のブレグジット

加瀬 みき

厳しい現実が明らかに 離脱後の英国の姿を描けず

アメリカン・エンタープライズ政策研究所客員研究員 加瀬 みき

 テリーザ・メイ英首相は年初の演説で「ブレグジットとはブレグジット」と欧州連合(EU)からの完全離脱を宣言した。しかし2019年3月の交渉期限が迫る中、英国が求めるブレグジットが何であり、またEU側がどこまで何を受け入れるかは闇の中である。

 英国とEUの交渉開始条件の違いに加え、そもそも英国民の中でブレグジットが何を意味するかの見解が大きく違っていたこと、そして与党内、政府閣僚内、議会内で見解が分かれていることも交渉を進めるのを困難にしている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。