«
»

同性婚めぐり揺れるドイツ

小林 宏晨

連邦議会は容認を決議 憲法裁判所が合憲性判断へ

日本大学名誉教授 小林 宏晨

 ドイツでは「婚姻および家族の保護」については、憲法(基本法)第6条に「婚姻および家族は、国家秩序の特別の保護を受ける」と規定されている。

 筆者が欧州に留学していた1950年代後半から60年代前半頃にはドイツ刑法第175条により男性間の性行為が依然として可罰対象とされていた。その後ドイツのいわゆる「同性パートナー規定」は、2001年2月16日に、婚姻法とは別に、「生活パートナーシップ法」として制定された。この法律は、ドイツにおいて同性のペアに、婚姻登録は認めないが、登録を通して婚姻に類似する生活パートナー制度の創設を可能にする目的を有している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。