«
»

英ロンドン・テロで反移民の右派勢力台頭に警鐘を鳴らす英紙

◆高まる反移民感情

 ロンドンの国会議事堂近くで自動車を使ったテロが起き、3人が死亡した。フランス、ベルギーなどで過激派イスラム教徒らによる大規模なテロが繰り返し起こされてきたが、英国では近年、大規模なテロは起きておらず、世界に衝撃を呼んだ。

 英紙インディペンデントは、社説「ウェストミンスター・テロは民主主義の最も純粋な象徴への攻撃」で、「あらゆる形の過激主義に対抗すべきだ」と訴えた。

 事件直後に射殺された実行犯は、移民が多く住む、英中部のバーミンガムに住んでいたことがあり、そこでイスラム過激主義の影響を受けたのではないかとみられている。

 同紙は、「このところ、宗教的、民族的分断をあおる主張が世界で強まっている」と、テロへの政治の及ぼす影響に懸念を表明した。

 そこには、欧州で、右派勢力などによる反移民感情の高まり、米トランプ政権による一部の中東諸国からの入国禁止措置の影響もあるとみているようだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。