ワシントン・タイムズ・ジャパン

NATOの国防費は増えていない

 トランプ大統領は、28日夜の議会演説で北大西洋条約機構(NATO)防衛を約束し、欧州の同盟国を喜ばせたようだが、一方で、加盟国から資金が「流れ込み」、各国の国防予算が増え、自身の同盟国への批判は報われたと主張し、同盟国を驚かせた。

 NATO加盟国の国防費は上昇しているが、実際にはそれは、2013年のロシアのウクライナ侵攻をめぐって欧州の懸念が高まったことを受けて、2年以上前に始まっていた。トランプ氏が、2016年に大統領選に参戦し、公正な負担をしていないと同盟国を批判し始めるずっと前のことだ。

 欧州では依然、新たな国防費増額をめぐって熱い議論が戦わされている。ドイツの外相は1日、ドイツが軍事費を大幅に増額すれば、大陸でのドイツの「軍事的優位」への懸念が高まり、地政学的なリスクが高まる可能性があると語った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。