«
»

米国が変える欧州統合の姿

加瀬 みき

臨機応変の協力体制へ 一律的深化はもはや不可能

アメリカン・エンタープライズ政策研究所客員研究員 加瀬 みき

 欧州はトランプ米大統領の外交安全保障への姿勢、特にロシアとの関係の不透明さ、自由民主主義や言論の自由を尊重しない発言に深い衝撃を受けている。アメリカとの関係、欧州統合の在り方が大きく変わるかもしれない。

 約60年前にもアメリカと主要同盟国の関係を決定的に変える出来事があった。

 1956年10月、英国とフランスは、アメリカの反対を十分承知の上でイスラエルと組み、エジプトを攻撃した。エジプトのナセル大統領が国有化したスエズ運河奪回が目的であったが、米アイゼンハワー政権の経済的圧力、ソ連の脅し、国連の決議に屈し、フランスと英国はみじめな撤退を余儀なくされ、両国が長年中東地域に築いてきた足場が大きく崩れた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。