«
»

IS、未成年の勧誘加速

800

テロ計画関与の逮捕相次ぐ

 過激派組織「イスラム国」(IS)のシリアやイラクの戦闘に最も多くの欧州国籍者を送り込んでいるフランスで、テロ計画に関与する未成年者が次々と逮捕されている。社会的疎外感を持つアラブ移民系の未成年者にISの触手が伸びている実態が明らかになってきた。また、キリスト教への新たな攻撃で宗教対立を煽(あお)り始めている。(パリ・安倍雅信)

 パリ郊外ルイユ・マルメゾンで9月8日、15歳の少年がテロを実行する恐れがあるとして逮捕された。また、12日にはパリ東部12区で別の15歳の少年が刃物でのテロを準備していた容疑で身柄を拘束された。さらに14日にはパリ東部20区で同じく15歳の少年がテロ行為に加担する恐れがあるとして逮捕され、1週間で3人の未成年者が逮捕された。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。