«
»

英国は80年代を再現できるか

浅野 和生

女性首相選び保守党結束 労働党は左派党首再任で混乱

平成国際大学教授 浅野 和生

 9月24日、イギリス労働党は、党大会でジェレミー・コービン党首の続投を発表した。これによって、労働党は波乱の時期を迎えることになった。

 イギリスは6月23日の国民投票の結果、51・9%対48・1%の僅差で、欧州連合(EU)からの離脱を選択したが、その翌日にキャメロン首相が辞意を表明し、与党保守党の党首選挙=次期首相選考がスタートした。

 一方、EU残留を求めていた労働党では、EU離脱の選択は残留キャンペーンに不熱心だったコービン党首に責任があるとして、党首辞任を求める声が高まった。6月27日までに影の内閣の22人以上が辞任、さらに、労働党下院議員は、172対40で党首不信任決議を可決した。

 つまり、イギリスでは、EUからの離脱選択という国家的危機の中で、二大政党の党首選挙という国内政治の転機を迎えることになった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。