ワシントン・タイムズ・ジャパン

技術立国目指すフィンランド、産官学挙げて起業家育成

800-1

 「持続可能な開発と生活の質向上を促進する技術革新」に対して贈られる「ミレニアム技術賞」の授賞式が5月、ヘルシンキ大学で行われ、米国人の生物化学工学研究者フランシス・アーノルド教授にニーニスト大統領からトロフィーが贈られた。 (ヘルシンキ・吉住哲男)

 自然の進化を模倣してたんぱく質を作成する「進化分子工学」の分野を切り開く発見をしたことが評価された。

 この賞は、技術革新の推進を目的に、学術機関、産業界、政府が共同で設立したフィンランド技術賞財団(TAF)が設けたもので、賞金は技術賞として世界最大の100万ユーロ(約1億2000万円)。2006年には青色発光ダイオードを開発した中村修二教授が受賞した。

 財政赤字、雇用促進など多くの課題を抱えている北欧の小国フィンランドは、イノベーションに力を入れていくことで新たな国造りに取り組んでいる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。