«
»

パリとブリュッセルのテロ事件、密接なネットワーク浮上

800

問われる各国の同化政策

 ブリュッセル国際空港(ザベンテム空港)および地下鉄マールベーク駅で3月22日に発生した連続爆破テロ事件では、35人が死亡、200人近くが負傷した。ベルギー捜査当局はフランス当局との合同捜査により、昨年11月にパリで起きた同時多発テロ事件とのつながりを示すテロネットワークの存在が浮上しつつある。 (安部雅信)

 パリで昨年11月13日に起きた同時多発テロで、中心的役割を担った唯一の生存者とみられるサラ・アブデスラム容疑者の身柄がフランス当局に引き渡されることになった。同容疑者はテロ事件後、逃走を続け、3月18日にブリュッセルで逮捕された。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。