«
»

欧州で広がる反ユダヤ主義 米ユダヤ教ラビ ローゼン師に聞く

400

背景に経済・政治的不安定

 国際機関「宗教・文化対話促進国際センター」(KAICIID)は18、19の両日、ウィーンで「グローバル・フォーラム」を開催した。同センターは昨年11月26日、サウジアラビアのアブドラ国王の提唱で設立された機関で、キリスト教、イスラム教、仏教、ユダヤ教、ヒンズー教の世界5大宗教の代表を中心に、宗教、非政府組織代表が集まり、相互の理解促進や紛争解決のために話し合う世界的なフォーラムだ。同フォーラムに参加した米ユダヤ教宗派間対話促進委員会事務局長のラビ(ユダヤ教指導者)、デービッド・ローゼン師に欧州で広がる反ユダヤ主義の背景などについて聞いた。(聞き手=ウィーン・小川 敏、写真も)

 ――世界ユダヤ人会議(WJC)のロナルド・S・ローダー会長は「欧州で反ユダヤ主義が台頭してきた」と警告を発している。米ユダヤ教宗派間対話促進委員会事務局長として、その発言をどのように受け取っているか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。