«
»

ロシア爆撃機撃墜事件、露・トルコが非難の応酬

700

1年前の蜜月関係霧消

 トルコ領空を侵犯したとされるロシア軍の爆撃機が11月24日、トルコ軍の戦闘機に撃墜されたことを受け、ロシアのプーチン大統領は28日、トルコに経済制裁を科す大統領令に署名した。プーチン大統領は、撃墜はトルコが過激派組織「イスラム国(IS)」から石油を密輸するルートを守るために意図的に行ったと激しく批判。これを否定するトルコとの間で非難の応酬が続いている。(モスクワ支局)

 IS掃討名目でシリア空爆を続けるロシアのスホイ24爆撃機が、トルコ軍の戦闘機F16に撃墜された。パラシュートで脱出した乗員2人のうち、1人は地上からの銃撃で死亡。乗員の救出に向かったロシア軍のヘリも地上からの攻撃を受け、ヘリの乗員1人が死亡した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。