ワシントン・タイムズ・ジャパン

脅かされる在仏ユダヤ社会

佐藤 唯行

反ユダヤ主義の主戦場に

獨協大学教授 佐藤 唯行

 1月9日、パリ東部バンセンヌのユダヤ食料品店で起きた凶行は世界を震撼させた。「イスラム国」に共鳴する在仏テロリスト、アメデイ・クリバリが人質を取って立籠り、4人のユダヤ人客を殺害した事件だ。ユダヤ人を狙った同様のテロは近年頻発している。2012年3月には南仏トゥールーズ市でアルカイダと連携する在仏アルジェリア系イスラム教徒がユダヤ人学校に押し入り、導師と3人の学童を殺害した一件は記憶に新しい。こうした事態を鑑みて在仏ユダヤ団体の某幹部は「我々は目下戦争状態にある」と危機感をあらわにしている。フランスは何故、欧州における反ユダヤ主義の主戦場と化してしまったのだろうか。

 在仏ユダヤ社会は人口55万人。イスラエルを除けば、米に次ぐ世界第3位の規模だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。