«
»

欧州経済と武器輸出

濱口和久

 航空自衛隊OBで、現在は軍事ジャーナリストとして活躍中の鍛冶俊樹氏が監修をつとめている『現代のミサイル(ミサイルの基礎知識から世界の核ミサイル危機まで)』(綜合図書)が発売された。

 私が一番興味を持ったのは、世界のミサイル輸出の実態についてのコラムだ。

 ストックホルム国際平和研究所の調べによると、2012年度の武器輸出国トップ3は、アメリカ、ロシア、中国。ついで、4位から10位までヨーロッパ諸国(ウクライナ・ドイツ・フランス・イギリス・イタリア・オランダ・スペイン)が続いている。これら上位10カ国だけで、武器輸出総額の9割を占めており、ごく一部の国が世界の武器市場を牛耳っていることになる。

 武器輸出の中で、ミサイル輸出額に限定して見てみると、順番が変わってくる。アメリカの1位、ロシアの2位は変わらないが、フランスが3位に浮上し、中国が4位、イギリスが5位、ドイツが6位と続く。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。