ワシントン・タイムズ・ジャパン

ローマ法王がトルコを訪問、反イスラム国で動き出した宗教界

800

宗教指導者に共闘呼び掛け

 カリフ制国家の樹立を宣言したイスラム教スンニ派過激派組織「イスラム国(IS)」による蛮行に対し、世界の宗教界が動き始めた。フランシスコ・ローマ法王は、国民の99%がイスラム教徒であるトルコを訪問、イスラム指導者にイスラム国批判をするよう強く求めた。(カイロ・鈴木眞吉)

 法王がトルコを訪問したのは11月28日から3日間。首都アンカラで、イスラム教の重鎮ギョルメ宗教庁長官やエルドアン大統領らと会談した。

 長官との会談後、法王は、「宗教の違いを超えて、対イスラム国で共闘すべきだ」と訴え、同庁幹部らの前でも、イスラム過激派による「少数派宗教勢力への迫害」を批判した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。