«
»

若者のテロ「感化」防げ 英政府、イスラム過激派対策を再検討

500

渡航者取り締まり強化

 英政府は、シリアやイラクで数百人以上の英国出身のイスラムの若者がイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」に参加していることを重大視し、イスラム過激派対策の再検討を迫られている。テロ対策の強化と並んで、イスラムの若者が過激主義に走るのを予防する包括的取り組みが再度求められている。(ロンドン・行天慎二)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。