ワシントン・タイムズ・ジャパン

オーストリア 4回目のロックダウン

19日、オーストリア西部ペルティザウで記者会見するシャレンベルク首相(AFP時事)

ワクチン接種を義務化 来年2月から 全国民対象は欧州初

 オーストリアは22日から4回目のロックダウン(都市封鎖)に入った。期間は12月12日まで。ただ、ワクチン未接種者に対しては外出制限などのコロナ規制はその後も継続される。そして来年2月1日からワクチン接種義務を実施する。欧州ではこれまでバチカン市国がワクチン接種の義務化を実施しているほか、フランスなどでは医療・福祉関係者など特定の職種を対象に実施中だが、全国民のワクチン接種義務化は初めて。ロックダウンの実施とワクチン接種の義務化宣言を受けたコロナ規制やワクチン接種に反対する国民からは激しい抵抗の声が上がっている。 (ウィーン・小川 敏)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。