«
»

デンマーク コロナ規制を全面解除、80%超がワクチン接種

仏南部マルセイユで、新型コロナウイルスワクチン義務化や「衛生パス」に反対するデモ=7月24日(AFP時事)

政府と国民の信頼関係醸成で可能に

 北欧デンマークで10日、全ての新型コロナウイルス規制が解除された。デルタ株の感染が急増している他の欧州諸国を尻目に、同国政府は「新型コロナは歴史となった」と豪語する。規制解除を支えているのは80%以上のワクチン接種率だ。今回の決定はコロナ対策成功のパイオニア的勝利宣言か、それとも危険な冒険に終わるだろうか。(ウィーン・小川 敏)

 デンマークの感染対策の中心的人物、ホイニケ保健相は、「国民はマスクなしで電車に乗り、コロナ検査の陰性証明書などなくてもカフェに座ってコーヒーを飲める。10日を期してコロナ規制は完全に解除され、新型コロナはもはや危険な感染症とは見なされなくなる」と強調した。多くの人が集まる集会やイベントも規制なしで開催できるようになる。サッカーの試合も開放され、「コロナパス」と呼ばれるワクチン接種証明証を提示する必要もなくなる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。