«
»

在ウィーン米大使館 多発するハバナ症候群 突然の頭痛、めまい、耳鳴り

音響攻撃の可能性も

 在ウィーンの米大使館関係者で通称ハバナ症候群といわれる健康障害を訴える件数が増えている。関係者には外交官、情報・軍事関係者が多いことからバイデン米政権は深刻に受け取り、「敵国の音響攻撃の可能性もある」として調査を進めている。
(ウィーン・小川敏)

ウィーンの大使館=同大使館のホムペ―ジから

ウィーンの大使館=同大使館のホムペ―ジから

 米雑誌「ザ・ニューヨーカー」(7月16日発行)は「ウィーン駐在の米外交官、情報・軍事関係者にハバナ症候群が見られる。ウィーンの米国関係者が謎の音響攻撃のターゲットになっている」と報じたことから、ホスト国オーストリア外務省側も少なからず衝撃を受けている。

 ザ・ニューヨーカーの記者によると、「数十人の米情報機関関係者、外交官、政府関係者に頭痛やめまいなどの症状を訴える者が出てきている。それらの症状はハバナ症候群に酷似している。健康障害を訴える件数はハバナ以外では在ウィーン米関係者が最も多い」と言うのだ。

 ハバナ症候群とは、最初は2016年、在キューバの米国大使館などで報告され、翌年17年8月には在キューバのカナダ大使館職員、18年4月には在中国アメリカ領事館職員でも起きている。そして21年5月に入るとロンドンなど欧州やコロンビア、ウズベキスタンなどでも被害の報告が出ている。

 同誌によると、「外交官たちは突然、頭痛、めまい、耳鳴りに襲われるという健康問題が生じている。特定のマイクロ波などを使用した音響攻撃ではないかと言われてきたが、真相は今なお不明だ」という。

 ハバナ症候群については過去、さまざまな報告が出てきている。ある米外交官は子供を連れて車で交差点に差し掛かった時、子供が突然激しく泣き出した。車が交差点を通過すると子供は泣き止んだという報告がある。この件などは、音響攻撃の可能性を示唆している。また、「突然、頭の中に爆風のような圧力を感じた」、「セミの大きな鳴き声のようだった。その音は部屋の中だけで、その部屋の戸を開けて外に出ると音は消えた」と証言している。

 米国側は当初、キューバ政府が関与していると受け取ってきたが、キューバ以外でも音響攻撃の報告が出てきたことから、発生源は判明できずにきた。オーストリア国営放送が17日、夜のニュース番組で、「ロシアの関与がささやかれている」とロシア関与説を報じていたが、憶測の域を超えない。

 同誌によると、「世界でこれまで約130人がハバナ症候群を訴えている。最近では米ホワイトハウス周辺関係者にも報告されている」というから、事態は深刻だ。被害者は、約50人は米中央情報局(CIA)関係者、残りは米軍事関係者と米国務省関係者だという。どうして、CIAや国務省・軍事関係者に被害が集中しているのだろうか。

 CIAは20年、音響攻撃について懐疑的だった。ジーナ・ハスペルCIA長官(当時)は全ての職員にハバナ症候群のような症状があれば報告するように要請した手紙を送っている。昨年の段階では在ウィーン米大使館、情報機関関係者からハバナ症候群の報告はなかったことから、在ウィーンの場合、今年に入ってからということになる。在ウィーン米大使館関係者、情報機関関係者で最初のハバナ症候群が報告されたのはバイデン政権が発足した「数カ月後」だ。バイデン政権は当時、在ウィーン米大使館のハバナ症候群の件では公表を控えるように要請している。その理由は「進行中の原因追及調査を妨げてはならないからだ」という。

 バイデン政権はウィーンでのハバナ症候群について「説明不明な健康上問題」と呼び、「原因追及を強化してきた」という。

 ホスト国オーストリア外務省は、「事態は深刻だ。米国側と連携して原因解明のために努力していく。ウィーンに派遣された外国の外交官やその家族の安全問題はわが国にとっても優先課題だ」という。

 ウィーンは東西両欧州が分断されていた冷戦時代から世界のスパイ、情報工作員が集まり、激しい情報戦を展開してきた拠点だ。

 ザ・ニューヨーカー誌は映画「第3の男」を引用しながら、ウィーンが置かれている地理的、戦略的意味を説明し、「ウィーンにはさまざまな国際機関の拠点がある。例えば、石油輸出国機構(OPEC)や国際原子力機関(IAEA)だ」と述べ、在ウイーン米大使館が狙われる背景について説明を試みている。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。