ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

ハンガリーの性的少数派関連改正法、同性愛の「助長」に制限

取材に応じるハンガリーのオルバン首相=24日、ブリュッセル(AFP時事)

EUで批判広がるも「未成年者の保護」訴え

 東欧ハンガリーの国民議会(国会)は今月15日、未成年者に対し同性愛についての情報宣伝活動を禁止する法改正を賛成多数で可決した。予想されたことだが、性的少数派やその支持者は、「性的少数派の権利を蹂躙(じゅうりん)し、表現の自由を抹殺、ひいては未成年者の権利を制限する」として抗議デモを行っている。批判の声は国内だけではなく、欧州全土に広がってきた。(ウィーン・小川 敏)

 欧州連合(EU)欧州委員会のフォンデアライエン欧州委員長は23日、ハンガリー議会の今回の法改正に対して、「人間をその性的指向に基づいて差別するもので、EUの基本的価値観に反する」と指摘し、「ハンガリーの法改正は欧州の恥だ」と批判、法問題を担当するEU委員にハンガリー政府にEU側の懸念を伝える書簡を送るように要請している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。