«
»

連邦議会選9月に控えたドイツ政治情勢

4月19日、ベルリンで、ドイツ野党・緑の党の首相候補に選ばれたベーアボック共同党首(EPA時事)

与党後退、「緑の党」が躍進 コロナ禍で“先行き”見通せず

 ドイツで9月26日、連邦議会選挙(下院)が行われる。投票日を5カ月後に控えた時点でメルケル首相の与党「キリスト教民主・社会同盟(CDU/CSU)」が野党・環境政党「緑の党」に抜かれて第2党に後退するという世論調査がこのほど明らかになった。(ウィーン・小川 敏)

 ドイツ紙ビルド日曜版が世論調査機関カンターに依頼した調査結果によると、緑の党は28%でCDU/CSUの27%を抜いて第1党に躍進した。

 CDU/CSUの後退は今に始まったわけではない。連邦議員のスキャンダル、マスク購入での腐敗問題などが浮上し、国民の印象を悪くしたこと、首相候補者選出でのごたごたなどがマイナスとなった。CDU/CSUは前回の議会選(2017年)では32・9%を獲得して第1党を獲得したが、今回の次期選挙では30%割れは避けられないとみられている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。