«
»

コロナ禍の英国ユダヤ社会

佐藤 唯行

超正統派でクラスター ニュースを見ず密状態で礼拝

獨協大学教授 佐藤 唯行

 ユダヤ人は健康志向と長寿で名高い人々だ。

 過度な飲酒や喫煙を控える生活習慣、医療を受けやすい社会的立場、良好な生活環境を保障する経済力。これらが合わさって他集団を凌駕(りょうが)する長寿と健康を享受してきたのだ。当の彼らもその事実を誇りにしてきた。

 しかし昨年4月5日、英国ユダヤ代表者委員会が発表した数値はユダヤ人側の自負を打ち砕き、深刻な動揺を与える内容だった。英国総人口の0・4%にすぎぬユダヤ人が、全英のコロナ病死者数の2・3%を占めていた事実を明らかにしたからだ。それは人口比5・75倍の死亡率に他ならなかった。英国は欧州最多のコロナ死者を出した国だが、中でもユダヤ人の死亡率は突出していたのだ。

祭りが感染拡大の温床


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。