«
»

コロナ免疫証明書、欧州に慎重論

10日、英南東部メードストンで、新型コロナウイルスのワクチン接種に臨む男性(左)(AFP時事)

専門家、有効性に懸念 ギリシャ、イタリアは積極的

 先月下旬、欧州では新型コロナウイルスのワクチン接種をした証明書導入の議論が浮上し、アイスランドは独自のシステムを導入した。観光業の経済への依存度の高いギリシャやイタリアは欧州連合(EU)の統一した規格の導入を求めているが、慎重論も多い。 (パリ・安倍雅信)

 ハンガリーのグヤーシュ・ゲルゲイ首相府長官は今月11日、新型コロナ免疫証明書(ワクチンパスポート)の発行を決定したと発言した。2月15日から規制緩和に関する意見公募の項目に含め、内容を詰める方針だ。

 免疫証明書を取得できるのは、2回のワクチン接種を受けた人、感染した後に回復した人、抗体検査によって抗体が確認された人としている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。