«
»

エドワード7世と「ユダヤの宮廷」

佐藤 唯行

新興大富豪が王の側近に 英社交界最上層への仲間入り

獨協大学教授 佐藤 唯行

 英王室とユダヤ大富豪との蜜月関係はエドワード7世時代(1901~10)にピークを迎えた。王は彼らを側近として重用(ちょうよう)したため、世人は王宮を「ユダヤの宮廷」と揶揄(やゆ)したほどであった。選ばれし側近は国際色豊かな顔触れだった。南アの黄金王バイト、東洋のアヘン王サスーン、対日貿易のサミュエル、国際金融のロスチャイルド等、大英帝国のビジネスホットゾーンで巨富を築いた面々だ。

 彼らが招かれたきっかけは皇太子時代、母ビクトリア女王から疎まれ、一時公務から退けられたことによる(優秀過ぎる父アルバート公と比べられた結果であろう)。皇太子の情熱は競馬、狩猟、海外旅行に向けられるのだ。

国際情報源として重用


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。