«
»

英砲艦外交の導き役

佐藤 唯行

在外英臣民保護が口実に ユダヤ商人の賠償請求を支援

獨協大学教授 佐藤 唯行

 英首相在任中、薩英戦争、下関戦争で砲艦外交を展開し、日本とも因縁浅からぬパーマストン。外相時代その予行演習をギリシャで行った際、導き役を務めたのがアテネ在住のユダヤ商人、ドン・パシフィコだった。

パシフィコ邸焼き打ち

 1847年4月、パシフィコの家が地元警官に扇動された暴徒に焼き打ちにされたことが事件の発端となった。賠償を求めギリシャの裁判所に訴えたが埒(らち)が明かない。やむなく英国大使館を通じ英外務省に助けを求めたのだ。英領ジブラルタル生まれの彼は、英臣民としての権利を主張できたからだ。

 独立して日も浅いギリシャでは、トルコ支配下で優遇されたユダヤ商人への反感が強かった。ギリシャ正教世界で長年続く宗教的反ユダヤ主義は、商業上の競合によっても増幅されていたのだ。今回の暴動の契機は、復活祭恒例の行事が当局の命令により一方的に禁止されたことに端を発していた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。