ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

中世英国のユダヤ女金貸し

佐藤 唯行

再婚相手の遺産で富蓄積 国王と親密関係築いた未亡人

獨協大学教授 佐藤 唯行

 「女金貸し」と聞くと「難波金融伝」「闇金ウシジマくん」の登場人物を思い浮かべる方もおられるだろう。実はユダヤ史学界でも昔から注目されてきたのだ。筆者が関心を寄せる中世英国でも、ユダヤ女金貸しは金融業で無視し難い役割を演じてきた。

 ユダヤ金貸しの資金力は国王へ納める特別税の分担額から推測できる。十字軍遠征の帰路、捕虜となったリチャード1世を解放するための身代金財源として徴収された1194年の税を例に取ると、女金貸しは担税者数の9%、担税額の8%を占めているのだ。247人のユダヤ金貸しが計5千マークを課されたが、女性の首位は全体の17位にランクされている。

高い法的・経済的自立性


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。