«
»

ビール大好きな国民ーフィンランドから

地球だより

 フィンランド人はビールをよく飲む。人口約550万人のフィンランドだが、ビールの1人当たりの消費量は、世界で9番目、しかも消費量は年々増えている。

 10月13日はフィンランドにおける「ビールの日」だった。フィンランド独立以前の1819年に設立されたシネブリチョフ醸造所とフィンランド最初のビールの誕生を祝う日だ。ちなみにシネブリチョフ醸造所は現在も稼働している北欧では最古の醸造所だ。

 ビールの日は友人や職場の人たちと一緒にサウナに入ったり食事とともにビールをたしなむ。

 ところで、メディアが「どの党首と一緒にビールを飲みながら話をしたいか」という調査を行った。米大統領選挙でも、“隠れトランプ”なる表向きトランプ大統領支持者だとは言えない層のあぶり出しに用いられた設問とか。

 当地でトップとなったのはサンナ・マリン首相。まだ若き女性宰相のマリン首相は、「ビールを話題とした人気の調査なので少々がっかりした」と冗談を交えてコメント。やはり、ビールというと太鼓腹ならぬビール腹の中高年の歓談を連想するのだろうか。ただマリン首相は、「タンペレの市議会の遠隔会議の時、冷たいビールをグラスで2杯楽しんだ」と告白した。

 もちろん市議会がネット飲み会だったわけではない。フィンランドでは、国会議員が地方の議員に就くことは、比較的一般的で、特に遠隔会議においては、議事進行中にビールなど好きな飲み物を飲みながら参加できるのだ。

(Y)

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。