«
»

英国のEU離脱と漁業への影響

小松 正之

水産物の輸出入で混乱も 英水域から他国漁船締め出しへ

一般社団法人生態系総合研究所代表理事 小松 正之

 ブレグジット(Brexit)は英国の欧州連合(EU)からの離脱で、2016年6月の国民投票の結果、52%の国民が離脱を選択したことによる。英国は20年1月31日にEUと関税同盟から離脱した。1973年にEUの前身の欧州共同体(EC)加盟した時も、英国内には加盟に懐疑的な声が多くあり、これが現在までくすぶって現実のものとなった。

 本年12月31日にはEU加盟国の地位を失い、EU単一市場からも離脱する。従って英国から欧州大陸への輸出品は、合意がなければ国境での検問を受け、関税が課せられることになる。ロブスター、エビや貝類など英国で水揚げされた高級な水産物の8~9割は、水産物を好むスペイン、イタリア、ポルトガル、フランスなどの欧州市場で消費されるので、輸入扱いでは国境で混乱が生じる可能性がある。

最大面積誇る重要漁場


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。