ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

アゼルバイジャンとアルメニアが軍事衝突

9月27日、アゼルバイジャン西部の係争地ナゴルノカラバフで、安全保障会議を開くアルメニア人勢力=地元当局提供(AFP時事)

対応に苦慮するロシア 地域への影響力拡大狙うトルコ

 旧ソ連のアゼルバイジャンとアルメニアが、係争地のナゴルノカラバフ自治州をめぐって大規模な戦闘を続けている。両国と良好な関係を保ちたいロシアは板挟みになり、有効な対応策を打ち出せずにいるが、その隙を狙い、アゼルバイジャンを全面的に支持するトルコが、同国の主要なパートナーとしての地位をロシアから奪う構えだ。 (モスクワ支局)

 ロシアの通貨ルーブルが急激に下落し、9月末に1ユーロ90ルーブルの心理的ボーダーラインを越えた。クリミア併合を受けた対露制裁とこれに対するロシアの報復、そして石油価格の暴落がもたらした2015年のロシア経済危機を上回る水準だ。

 クレムリンに近い専門家らは口々に、これは一時的なものであり、じきにルーブルは値を戻すだろうと語る。しかし、多くの経済学者らは、年末までに1ユーロ100ルーブルに達するだろうと予測している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。