«
»

ムハンマド風刺画に反発か 風刺紙旧編集部近くでテロ  フランス

5日、パリのシャルリエブド旧本社付近で、負傷者を運ぶフランスの消防隊(AFP時事)

聖戦主義に影響される若者

 現在、フランスで公判中の風刺週刊紙シャルリエブド編集部襲撃事件の裁判の最中、当時、同編集部が入っていた建物前でテロ事件が発生。裁判の争点であるイスラム教創始者ムハンマドの風刺画のメディア掲載に強く反発する仏国内外のイスラム過激派が、フランスへのテロ攻撃を呼び掛けている。 (パリ・安倍雅信)

 パリ市内の路上で25日、2015年1月に銃撃事件が起きた仏風刺週刊紙、シャルリエブド旧編集部が入っていた建物前で、男女2人が大型刃物を持った男に襲われる事件が発生した。被害者は重傷を負ったが一命は取り止め、実行犯の男を含む7人が逮捕され、捜査当局はテロ事件として捜査を進めている。

 襲撃は、今月2日に始まった2015年に起きたシャルリエブド襲撃事件の裁判と深く関係しているとみられる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。