«
»

中国に統一した対抗策検討―EU

13日、ブリュッセルで、記者会見する欧州連合(EU)のボレル外交安全保障上級代表(外相)(AFP時事)

香港国家安全法を非難

 欧州連合(EU)は13日、ブリュッセルで外相理事会を開き、中国政府が香港の統制を強化する「香港国家安全維持法」(国安法)を施行したことに対して、EUとして統一した対抗策を検討することで合意したことを明らかにした。ボレルEU外交安全保障上級代表(外相に相当)は、「香港の自治への支持を表明する」と強調した。(パリ・安倍雅信)

 新型コロナウイルス感染対策のさまざまな規制を緩和して経済復興に舵(かじ)を切ったEUとしては、中国との経済関係悪化は避けたいところ。しかし、ドイツのシュタインマイヤー大統領は、12日の独テレビ放送局ZDFとのインタビューで、国安法について「国際法の重大な違反であり撤回すべきだ」と述べ、中国政府を厳しく非難した。

 同大統領は、ドイツの対中姿勢が弱腰だと苦言を呈し、「怒りの限度を超えている」と強い不快感を示した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。