ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

チャーチルのシオニズム

佐藤 唯行

社会主義に対する解毒剤 ユダヤ人問題の別の解決策に

獨協大学教授 佐藤 唯行

 英国の政治家の中でチャーチルほどシオニズムを一貫して支持した者はいなかった。植民相在任中には、パレスチナのユダヤ人入植地で電化を中心とするインフラ整備に尽力した。

 またアラブ側の悪感情を宥(なだ)めるため人数を制限しながらも、ユダヤ移民の受け入れそのものを継続させた点は重要だ。1922年発表の「チャーチル白書」では「その条文は変更してはならぬ」とバルフォア宣言の内容を再確認している。バルフォア宣言とは英政府によるシオニズム公式支持を世界に発表した文書で、条文作成者はチャーチルの盟友でユダヤ出自の保守党議員アメリーだった。首相在任中の40年代初めには、将来の分割が予定されているパレスチナのユダヤ領に広大なネゲブ砂漠を含めるよう主張した。南方の脅威エジプトに対する安全保障上の配慮であった。

ユダヤ富豪が政治資金


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。