■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    井上 政典
    井上 政典
    歴史ナビゲーター
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家

    ナチスが奪ったユダヤの「本」を探せ

     ウィーン大学で2日、イスラエルのラマド・ガンに位置するバル=イラン大学哲学部のイサク・ヘルシュコヴィッツ教授(42)が“奪われた書籍を探して”というテーマで講演した。

    200

    イサク・ヘルシュコヴィッツ教授(同教授のサイトから)

     同教授によると、ナチスはユダヤ人を強制収容所に送る以前にオーストリアや中欧のユダヤ人が所持していた書籍、覚書、日記などを「憑かれたように押収していった」という。それも「立派な古典とか、ユダヤ教の聖典といったものだけではなく、ユダヤ人が読み、書いた本ならば全て押収した」という。その理由については、ナチスはユダヤ民族の秘密がヘブライ語で書かれた本や書籍の中に隠されていると推測し、ユダヤ図書館、ユダヤ人学校、シナゴーク(会堂)を徹底的に捜査して本を見つけ出し、持っていったと考えられるのだ。

     「再・唯名論と復興」などの著書がある教授はナチスによって押収されたユダヤの本を見つけ出し、そのカタログを作成することを研究テーマとしている。教授はウィーンに来る前はポーランドやハンガリーで“失われた本”探しに奔走してきた。ハンガリーには当時、ラビ(ユダヤ教の指導者・学者)たちが多くの書籍を書いたこともあって、多数のユダヤ系書物があった。欧州のユダヤ系書籍の4分の1はハンガリーにあったといわれているほどだ。

     「ウィーンには昔から多くのユダヤ人が住み、ユダヤ人による本も無数あった。それらはどこに行ったのか調べるのが自分の仕事だ。どれだけの時間がかかるかは分からない」という。今回は家族を連れてウィーンにきた。長期戦の構えだ。

     ウィーンのターボアシュトラーセにはダビド・フレンケルが経営する当時欧州最大のユダヤ図書館があった。ナチス親衛隊将校のアドルフ・アイヒマンは直接同図書館を訪ね、書籍を奪っていった。ナチスは当時、敗北が既に濃厚だったが、ユダヤ書籍狩りは止まらなかった。「ユダヤ書物への戦争」と呼ばれたほどだ。

     ユダヤ民族は「書物の民族」という。彼らは多くの本や覚書、文献を書いた。それがナチス・ドイツ軍の侵攻で奪われていった。彼らはユダヤ人を強制送還する前にユダヤ図書館などから「組織的に本を集めた」という。

     このコラム欄でも何度か紹介したが、ジークムント・フロイト〈1856~1939年)は言葉の魔力を知っていた。言葉を通じて、悩み患者の世界に入り、その原因を解明していく精神分析学を確立した。患者の無意識の世界を言葉を武器にして訪ね、病気の原因を見つけ出していった。ユダヤ民族は言葉の言霊を信じている。

     それにしても、なぜナチス・ドイツは本を燃やさなかったのだろうか。燃やせば、本を運ぶ労力は省けるし、処分は手っ取り早い。教授は「彼らは本を集めて運んでいった。本を燃やすことはしなかった」と証言する。

     歴史を振り返ると、異端者や反逆者は火あぶりの刑となったが、書籍を燃やす焚書事件も頻繁に起きた。ドイツでも1933年4月、非ドイツ的な内容の書籍を燃やす焚書運動が起きた。

     「ドイツ学生協会」は当時、「非ドイツ的な本」をことごとく燃やす運動を始めた。大学教授や学生たちが動員され、退廃した文化を広める本を見つけ出し、燃やしたが、その数は2万5000巻を上回ったという。フロイトは、「昔は人間が火あぶりで殺されたが、今は本が燃やされている。これを人類の進歩と呼ぶべきなのか」と皮肉っている。

     アドルフ・ヒトラーは、「ドイツ民族はアーリア系の卓越した民族」と信じていたが、ユダヤ民族はそのアーリア系民族を脅かす民族と考え、ユダヤ民族がなぜ優秀なのか、その知恵と能力の源流を突き詰めたいと願っていたのではないか。その秘密を解くカギがユダヤ人が書いた書籍、本の中に潜んでいると考えたわけだ。ナチスは600万人以上のユダヤ人を殺したが、押収した本は燃やさず、秘密の場所に保管したのではないか。

     ヤコブから始まったイスラエル民族はエジプトで約400年暮らした後、モーセに率いられ出エジプトし、カナンの地に入り、士師たちの時代を経て、サウル、ダビデ、ソロモンの3王時代で王朝時代を享受するが、異教徒の影響を受け、信仰を失っていく。神の教えに従わなかったユダヤ民族は南北朝に分裂し、北イスラエルは紀元前721年、アッシリア帝国の捕虜となり、南ユダ王国のユダヤ人たちはバビロニアの王ネブカデネザルの捕虜となったが、バビロニアがペルシャとの戦いに敗北した結果、ペルシャ王クロスの支配下に入った。

     唯一神教のユダヤ教が今日にみられるような宗教として成立したのはエジプト捕虜時代やサウル、ダビデ、ソロモンの3王朝時代ではなく、ユダヤ民族のバビロン捕囚期間とその後だ。ペルシャの王クロスによってバビロン捕囚から解放されたユダヤ人たちはエルサレムに帰還し、現在ユダヤ教といわれている宗教の基礎を築いたが、彼らは神殿を建設する前に神の教えを記述した聖典を作成していった。

     ヘルシュコヴィッツ教授の「奪われた本を探して」の話を聞いていると、ハリソン・フォードが考古学者の大学教授役(別名インディアナ・ジョーンズ)を演じて大ヒットした米映画「レイダース・失われた聖櫃(契約の箱)」(1981年公開)を思い出した。ヘルシュコヴィッツ教授の「奪われた本」の捜査がハッピーエンドで終わることを期待したい。

    (ウィーン在住)

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。