«
»

ホロコースト生き残り最年長者 ファインゴールド氏106歳で死去

マルコ・ファインゴールド氏

4カ所の強制収容所を経験 「ナチスの蛮行」忘却を恐れる

 マルコ・ファインゴールド氏が先月19日、肺炎で亡くなった。106歳だった。オーストリアでホロコースト(ユダヤ人大虐殺)生存者の中で最年長者だった。同氏は4カ所の強制収容所を生き延びたユダヤ人だ。彼は戦後、学校を訪問し、講演会に参加し、反ユダヤ主義、全体主義の恐ろしさを強く警告し続けてきた。ファインゴールド氏の歩みを紹介する。(ウィーン・小川敏)

 ファインゴールド氏は1913年、現在スロバキアのバンスカビストリカで生まれた。当時はオーストリア・ハンガリー王国の領土だった。彼は3人の兄弟姉妹とウィーン2区で成長した。同区にはナチス・ドイツ軍のユダヤ人弾圧が始まるまで多くのユダヤ人が住んでいた。1938年、ユダヤ人にとって運命の時を迎えた。ナチス・ドイツが同年3月ポーランドに入ったが、偽造旅券で再びプラハに戻り、2人の兄弟は反ナチのサボタージュなどに参加した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。