«
»

ゼレンスキー政権本格始動へ、ウクライナ議会選で与党圧勝

ゼレンスキー大統領

反露勢力減退に欧米慎重

 ウクライナで7月21日に行われた繰り上げ最高会議(議会)選挙(450議席)は、ゼレンスキー大統領の与党「国民の奉仕者」が過半数を超える253議席を獲得し、圧勝した。ゼレンスキー大統領の政治方針は欧米志向を基本とするが、現段階では不透明な部分も多い。財政難に苦しむ中、秋にも土地売買を解禁する方針に対し、懸念の声も広がっている。 (モスクワ支局)

 ゼレンスキー大統領は就任後、ポロシェンコ前大統領派などが支配する最高会議に基盤をつくるため、繰り上げ議会選挙に踏み切った。

 紛争が続く東部では、親露独立派が支配する地域が選挙をボイコットしたため、小選挙区は定数の225議席ではなく199議席を争った。比例代表225議席を合わせると、合計で424議席。

 政治の変革を求める有権者は、多数の新人候補を擁立した大統領与党「国民の奉仕者」に票を投じた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。