■連載一覧
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2019/2/19
  • 2019/1/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    井上 政典
    井上 政典
    歴史ナビゲーター
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家

    「冒涜罪」はもはや時代遅れか?

     スイスのニュースサイト「スイスインフォ」によると、同国で無宗派から「信仰への冒涜罪」の撤廃要求が出ているという。主張の根拠は冒涜罪が「言論の自由」を制限するからだという。「信仰への冒涜罪」とは時代錯誤の響きがするが、欧州人権裁判所は預言者ムハンマドを「小児性愛者」と呼んではならないという判決を下したばかりだ。欧州ではドイツ、イタリア、スペイン、ギリシャ、オーストリアなどは冒涜罪がある一方、フランスではない。英国、オランダ、アイルランドでは冒涜罪を廃止している、といった具合で「冒涜罪」の是非で欧州ではコンセンサスはない。

    300

    トルコのエルドアン大統領を風刺したべ―マ―マン氏(独週刊誌「シュピーゲル」2016年4月16日号の表紙から)

     そこで冒涜罪として刑罰の対象となった過去の実例を振り返りながら、少し考えてみた。

     ①パキスタンで昨年10月31日、イスラム教を冒涜したとして死刑判決を受け、拘留されてきたキリスト教徒のアーシア・ビビさん(47)さんが同国最高裁から無罪判決を受けた。欧米のメディアでも大きく報道されたばかりだ。

     事件の発端は極めてシンプルだ。ビビさんが井戸から水を飲んだ時、イスラム教徒から「お前が飲んだので水が汚れた」と中傷された。彼女は「私はキリスト信者だ。それではムハンマドは人のために何をしたの」と聞くと、イスラム教徒はツバを吐き掛け、彼女を押し倒した。その翌日、彼女はイスラム教を侮辱したとして逮捕され、2010年に死刑を言い渡せられた。パキスタンでは1980年代、イスラム教を守るために宗教冒涜罪を施行している。幸い、最高裁は今回、「証拠不十分」として判決を撤回した。ビビさんが無罪となったことが伝わると、イスラム教社会では激しい抗議が沸き上がっている。

     ②ロシアの女性パンク・グループ「プッシー・ライオット」(Pussy Riot) が2012年2月、大統領選挙中に、モスクワの救世主大聖堂の聖壇前で、「聖母マリアさま、プーチンを追い出して!」と歌い、正教会の神聖を犯したとして拘束。モスクワのハモヴニチェスキー地区裁判所は同年8月、禁固2年の実刑判決を言い渡した。

     ロシア議会はその後、「信者の宗教的感情を侮辱する目的」で行われた教会やモスクでの活動に対して禁固刑や罰金を科す内容の冒涜罪を成立させた。2012年実施された世論調査では、ロシア国民の約49%は信者の宗教心を傷つけた場合、厳罰に処すべきだと考え、反対は約34%だった。

     ③武装した2人のイスラム過激派テロリストが2015年1月7日、パリの風刺週刊紙「シャルリー・エブド」本社を襲撃し、自動小銃を乱射し、建物2階で会議を開いていた編集長を含む10人のジャーナリストと、2人の警察官を殺害するテロ事件が発生した。
     イスラム過激派テロリストの風刺週刊紙本社襲撃事件直後、300万人以上のフランス国民が反テロ国民行進に参加した。行進に参加した国民は同週刊紙の愛読者だけではなかった。むしろ、「言論の自由」というフランス革命の成果が攻撃されたことに対する憤りが強かった。人間本来の自由の謳歌を求めたルネッサンス運動は啓蒙思想と結びついて1789年、フランス革命を引き起こした。その革命で獲得した成果の一つが「言論の自由」を含む「自由」だった。

     ④ドイツ公営放送(ZDF)の風刺コメディアン、ヤン・べーマーマン氏(Jan Bohmermann)が2016年3月31日、”Neo Magazin Royale”の番組の中でトルコのエルドアン大統領を揶揄した風刺詩(Schmahgedicht)を披露。その内容に怒った同大統領はドイツ側に即抗議すると共に、同氏を名誉棄損で告訴した。べーマーマン氏の風刺詩はきわどい表現と侮辱に満ちた内容だった。 

     メルケル首相は同年4月15日、刑法(StGB)103条に基づき同氏へのマインツ検察当局の捜査を認可すると表明した。刑法103条では、外国の国家元首に対する名誉毀損事件の捜査にはドイツ政府による捜査権付与が必要と明記されている。ただし、メルケル政権内でも社会民主党のシュタインマイヤー外相(当時)やマース司法相(当時)はメルケル首相の決定に不満を表明した。同外相は「言論、報道、芸術の自由はわが国の基本法の中でも至上の問題だ」と述べている(「『風刺』はどこまで許されるか」2016年4月17日参考)。

     以上、冒涜罪に関係する実例を挙げた。その事例はそれぞれ異なるが、冒涜罪と「言論の自由」に関連する内容だ。①はイスラム国でよくみられる典型的な冒涜罪の内容だ。その好対照は③だろう。フランスでは「言論の自由」を重要視するから、イスラム教の創設者ムハンマドを中傷し、冷笑するとしても公けでは批判されない。同国では「言論の自由」を束縛する冒涜罪は存在しない。

     ロシアのメディアが「シャルリー・エブド」本社襲撃事件について、「言論の自由がテロを招いた」と指摘し、テロに遭った仏週刊紙に対しては、「風刺やユーモアではなく、冒涜と愚弄、醜聞で稼ごうという気持ちだ。欧州は伝統的価値観から逸脱し、堕落した」と厳しく論評していた。④では冒涜罪は存在するが、その是非で政権内では不一致という現状を露呈していた。 

     イスラム教系難民・移民が殺到した欧州ではイスラム・フォビアがみられる。それに対し、イスラム教徒の「宗教的感情を傷つける」という声を聞く。信仰への冒涜だ。一方、ホスト側の欧州では「イスラム教徒は招きもしないゲストだ。文句を言える立場ではない」といった少々厳しい反論も出ている。いずれにしても、欧州社会では今後もイスラム教徒の宗教的感情をどれだけ配慮するかが大きな問題だろう。

     もちろん、「信仰への冒涜」はイスラム教に関わるだけの問題ではない。キリスト教社会でもあった。ビートルズが最高潮の時、ジョン・レノンが「僕はイエスより偉大だ」と叫んだというニュースが流れると、米国のキリスト教社会で大きな反発の声が上がり、ビートルズのレコードボイコット運動が起きたことがあった。レノンは冗談のつもりで発言したのだろうが、キリスト教根本主義的な信者の「宗教的感情」を傷つけたわけだ。

     世俗化が急速に進む欧州社会では、宗教的な神性、宗教的感情といった世界に批判的になってきた。スイスで冒涜罪の撤廃を要求するのは人口の約24%を占める無宗派の人々だ。それに対し、欧州人権裁判所は昨年10月、冒涜の禁止を支持し、信仰への中傷は言論の自由から除外されるという判決を下している。同時に、誤った事実に基づいた発言は「言論の自由」から除外されるとしている。

     ちなみに、スイスでは冒涜罪について「他人の信仰心、特に神への信仰を公かつ卑しく中傷する者、もしくは信仰上の崇拝対象物を侮辱する者は(中略)、罰金刑に科される」と明記している(スイスインフォ)。

     フランスのテロ事件の直後、オランド大統領(当時)は、「反テロでわれわれは連携しなければならない」と強調したが、どのような「言論の自由」をわれわれは今後、命を張ってでも守らなければならないのか、真剣に考えるべきだろう。なぜならば、「言論の自由」というより、「言論の暴力」と言わざるを得ないような言論も少なくないからだ。べーマーマン氏の詩を「言論の自由」として擁護することに当方は抵抗を覚える(「どのような『言論の自由』を守るか」2015年1月11日参考)。

    (ウィーン在住)

    1

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。