«
»

ベルギー安楽死法案の波紋、問われる生命の尊厳

800

重い選択強いられる家族

 ブリュッセルのベルギー議会(下院)で13日、18歳未満の未成年者への安楽死を認める法案が賛成86票、反対44票、棄権12票で採択された。同国上院は昨年11月、既に承認済みだ。同法案はフィリップ国王の署名を受けてから成立する。ベルギーの安楽死法案が投じた波紋を考える。(ウィーン・小川 敏)

 同法案は安楽死の年齢制限を撤廃し、医者と両親、そして未成年者の3者の合意があれば、18歳未満の未成年者の安楽死を合法化する。同国では2002年、安楽死法を採択済みで、安楽死は合法化されたが、年齢制限があった。オランダの安楽死法では安楽死は12歳以上と年齢制限があるから、ベルギーの新法案は世界で最もリベラルな安楽死法となる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。