ワシントン・タイムズ・ジャパン

海軍司令官、ロシアへの対抗を主張

 最近復活した海軍第2艦隊の司令官が28日、米国と同盟国は、北大西洋でのロシアの攻勢へ対応を強化すべきだと訴えた。ロシアが、全面戦争に至ることのない程度に、戦略的に重要な地点で緊張を高め、事態を悪化させているからだ。

 ロシアが先週末、ケルチ海峡でウクライナの艦船を拿捕(だほ)したことで、ウクライナで緊張が高まったが、これによってロシアのプーチン大統領は、米国と同盟国に、一線を越えることなく圧力をかけられる力があるということを改めて示した。

 アンドリュー・ルイス司令官(海軍中将)は、第2艦隊が8月に復活して以降、海軍幹部らは「この2カ月間を(欧州東部と北大西洋でロシア軍が米同盟国に突き付けている)問題について検討することに費やしてきた」と述べた。

 ロシアは、バルト海での軍事プレゼンスを拡大しようとしており、この地域の緊張は第2次大戦終結後、最高レベルにまで高まっている。ルイス中将はワシントンの戦略国際問題研究所(CSIS)で、冷戦時もこの地域は緊張状態にあり、北大西洋の「現在の状況と似ている」と指摘した。

 ルイス中将は「ロシアは、この地域に精通している。…その点で非常にうまく活動している。米国はこれまでのところ、後手に回っている」と述べた。

 拿捕された艦艇に乗っていた24人のウクライナ海軍兵の半数が、ロシア領海に不法侵入したとして2カ月の禁錮刑を宣告され、ロシアとウクライナ間の緊張状態は28日時点でも緩和の兆候は見えない。米政府と欧州各国の支援を受けているウクライナは、自国艦艇は公海上におり、非難は不当だと主張している。

 マティス米国務長官は28日、この問題に関して「国際法に明らかに抵触している。ウクライナ兵へ武力を行使し、負傷させたことは、思慮を欠くと考える。このような問題を解決する従来の方法を明らかに軽視している」と語った。

 ロシアは、2014年にクリミア半島を奪取、事実上併合し、ウクライナ東部ではウクライナ政府軍と戦う親ロシア分離主義者らを支援しているとして非難されている。

 リトアニアのカロブリス国防相は28日、マティス氏との会談前に記者団に対して、ケルチ海峡でのロシアの行動は「クリミア半島の併合とよく似ている」と述べるとともに、「クリミアの法的地位に反するばかりでなく、公海に関する基本原則にも反する」と指摘した。

 プーチン大統領はこの問題で改めて、ウクライナのポロシェンコ大統領を非難、28日には、ポロシェンコ氏が、来年のウクライナでの選挙を前に、低迷する支持率を高めようと挑発行動を画策したと訴えた。

 プーチン氏はテレビ演説でさらに、ロシアが占領するクリミア半島に対空ミサイルを追加配備する計画を明らかにした。

 AP通信によると、ポロシェンコ氏は28日、ロシアと国境を接し、戒厳令が施行されている地域の一つチェルニヒウの軍訓練所を訪問した。迷彩服を着たポロシェンコ氏は近くの射撃場から煙が立ち上る中、記者団に対し、「ウクライナへの攻撃は許さない」と主張、軍人への給与の増額を発表した。

(11月29日付)

◆ ◇ ◆

Admiral cites need to counter Russia

The U.S. and its allies must step up their efforts to counter Russian aggression in the North Atlantic due to the Kremlin’s demonstrated ability to exacerbate tensions in the strategic hot spots while stopping short of all-out war, the head of the Navy’s recently reestablished 2nd fleet said Wednesday.

Moscow’s ability to ratchet up the tensions in Ukraine following the seizure of Ukrainian vessels in the Kerch Strait over the weekend is just the latest example of President Vladimir Putin’s ability to press the U.S. and its allies without crossing the final line, U.S. officials say.

Since the 2nd Fleet was revived in August, top Navy officials have “spent the last two months thinking about the problem” posed by Russian forces to U.S. allies in eastern Europe and the North Atlantic, said Fleet Commander Vice Adm. Andrew Lewis.

Moscow’s efforts to expand its military presence in the Baltics has inflamed tensions in the region to levels not seen since the end of World War II. The Cold War standoff in the region is “a similar environment [to where] we are in today” in the North Atlantic, Adm. Lewis told the Washington-based Center for Strategic and International Studies.

“The Russians are adept at staying at that region. … They operate pretty well at that level,” Adm. Lewis said, adding, “We have been heretofore been reactive, not proactive.”

The latest crisis between Moscow and Kiev showed no signs of easing Wednesday after half of the 24 Ukrainian sailors detained off the captured vessels were sentenced to two months in prison for illegally entering Russian waters. Kiev, backed by Washington and a number of Western capitals, says its ships were in international waters and the attacks were unprovoked.

“It was obviously a flagrant violation of international law. I think it was a cavalier use of force that injured Ukrainian sailors, it was contempt really for the traditional ways of settling these kinds of concerns,” Defense Secretary James Mattis said Wednesday of the incident.

Russia effectively annexed Crimea from Ukraine in 2014, and is accused of aiding pro-Russian separatists battling Ukrainian government forces in eastern Ukraine.

Russia’s actions in the Kerch Strait were “quite comparable with the annexation for Crimea,” Lithuanian Defense Minister Raimundas Karoblis told reporters before bilateral talks with Mr. Mattis at the Pentagon on Wednesday. “It goes against the legal status of Crimea, but also the principles of the sea regarding the open seas,” he added.

In Moscow, Russian President Vladimir Putin again laid the blame for the incident squarely on Ukrainian President Petro Poroshenko, saying Wednesday the leader had orchestrated the entire provocation to bolster his sagging popularity ahead of Ukrainian elections next year.

During the televised speech, Mr. Putin also announced plans to deploy additional anti-aircraft and missile defense systems to Russian-occupied Crimea.

Mr. Poroshenko toured a military training center Wednesday in the Chernihiv region bordering Russia, one of the areas where martial law was imposed, The Associated Press reported. Speaking to reporters as smoke billowed from a nearby shooting range, the camouflage-clad president pledged “not to allow the enemy to attack Ukraine” and announced a hike in salaries for servicemen, according to the AP.

November 29, 2018

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。