ワシントン・タイムズ・ジャパン

社会主義退治した英ユダヤ人

佐藤 唯行

サッチャー支えた閣僚ら 自助の思想で経済改革を実行

獨協大学教授 佐藤 唯行

 1970年代、英国は限りなく社会主義に近い国だった。人々の暮らしに関わる大企業は国営で、不振に陥っても潰(つぶ)れる心配はなかった。労働者は勤労意欲を失い、サービスは低下した。低迷する英経済は「英国病」と揶揄(やゆ)されたほどだ。打開したのはサッチャー首相(79~90年)だ。新自由主義と呼ばれる彼女の政策はわが国にも導入され、中曽根政権の「三公社」民営化、小泉政権の郵政民営化として結実した。

 英国のみならず日米のその後の在り方さえ変えたサッチャー改革。その仕掛け人はユダヤ人の閣僚たちであったのだ。登用された人数は英史上最多で、それを皮肉るジョークが流行したほどだ。これ以上ユダヤ人を登用するなら閣議をゴルダーズ・グリーンで開催してはどうかとサッチャーの夫が妻に提案するという笑い話だ。ちなみにゴルダーズ・グリーンとは全英屈指のユダヤ人集住地区のことである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。