«
»

エジプト政府、ウイグル人留学生ら中国に強制送還

ムハメット氏

中国政府の要請か、200人拘束 ウイグル団体が救出訴え

 エジプト政府は先月3日から、イスラム教スンニ派の最高権威機関アズハルなどで学ぶウイグル人の留学生を拘束し、中国への強制送還を行っている。中国での過激派活動を計画していたという理由からだが、ウイグル人の力を抑え込みたい中国側の一方的な要請によるものとの見方が強い。留学生たちが中国に送り返されれば、強制収容所などに入れられるとして、各国のウイグル団体は留学生たちの救出とエジプトへの抗議を国際社会に呼び掛けている。 (社会部・石井孝秀)

 日本ウイグル連盟によれば、エジプト国内では現在200人超が収監され、中国に送り返された学生は既に30~40人に上る。エジプトは中国のパスポートでビザが取りやすく、また物価も高くない。ウイグル人にとって住みやすいため、ここ数年で1000人以上のウイグル人が留学し、アズハルにも数百人が在籍している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。