ワシントン・タイムズ・ジャパン

安倍元総理の台湾外交に中国が反発

 安倍晋三元総理が昨日、台湾のフォーラムにリモート登壇し、「台湾のTPP参加を支持する」、「台湾有事は日本有事だ」などと発言。これに中国が猛反発したようです。安倍元総理は首相在任中にはなかったフリーハンドを得たようであり、今後はさらなる活躍も期待できそうですが、それにしても中国というのも、本当にわかりやすい国だと思う次第です。


●安倍元総理は退任後も存在感

 安倍晋三元総理といえば、2012年12月26日に再登板して以来、2020年9月16日に辞任するまで、連続してじつに2822日にわたって在任しただけでなく、第一次政権も含めて通算3188日在任したという、「史上最長の総理大臣」でもあります。

 ただ、その安倍元総理は退任後、形式的には一介の衆議院議員ではありますが、「細田派」を引き継ぎ、自民党内最大の派閥である「安倍派」の会長に就任するなど、政界に存在感を示しているようです。

 いや、安倍元総理は首相職を辞したことで、むしろフリーハンドを得たようなものといえるでしょうか。

 安倍元総理が「台湾のTPP参加支持」「台湾有事は日本有事」
こうしたなか、台湾国営メディア『中央通訊社』が運営する日本語版ウェブサイト『フォーカス台湾』によると、安倍元総理は台湾との関係で興味深い発言をいくつかしたようです。

安倍元首相、台湾のTPP参加を支持 中国へは自制ある行動呼び掛け


―――2021/12/01 10:09付 フォーカス台湾より

 フォーカス台湾によると、安倍元総理は1日、台北市内のフォーラムにリモートで登壇し、次のように述べたのだそうです。

・「台湾のTPP(環太平洋経済連携協定)参加を支持する」
・「習近平(しゅう・きんぺい)主席と中国共産党のリーダーたちに、繰り返し、誤った道に踏み込むなと訴え続ける必要がある」
・「台湾有事は日本の有事でもある」

 このあたり、外務省が刊行する『令和3年版外交青書』の55ページ目を読むと、日本政府は台湾について、次のように認識しています。

「台湾は、日本にとって、自由、民主主義、基本的人権、法の支配といった基本的価値を共有し、緊密な経済関係と人的往来を有する極めて重要なパートナーであり、大切な友人である」。

 この表現を読むと、最上位の絶賛であることがわかる反面、中国との関係もあるからでしょうか、外務省としては台湾を正式な「国」とは認めていません。

 こうした状況で、安倍総理のような影響力のある(しかし現在は公職に就いていない)人物が、ざっくばらんとした発言を続けることは、日本の国益と安全保障にとっては非常に良い影響を与えることが期待できます。

 フォーカス台湾によると、安倍総理はまた、次のようにも述べたのだそうです。

「日本と台湾がこれから直面する環境は、緊張をはらんだものとなる。自由で開かれた、民主主義の枠組みに、自分たちをしっかりと結び付ける努力を続けることが肝心だ」。

 まさに、台湾に対する最大限の応援、というわけです。

●わかりやすい!中国が安倍元総理発言に猛反発

 ところが、この安倍元総理の「日本有事」という発言に対し、中国が反応したようです。

中国、安倍氏の「日本有事」発言に「でたらめ」猛反発


―――2021/12/1 20:40付 産経ニュースより

 この安倍元総理の発言に対し、産経ニュースによると、中国政府外務部の汪文斌(おう・ぶんひん)報道官は1日の記者会見で、「台湾問題で公然とでたらめを言った」と非難し、「強烈な不満と断固とした反対」を表明したうえで、「外交ルートを通じて日本側に厳正な申し入れを行った」とも明らかにしたのだとか。

 なんとも、わかりやすい国です。

 日本が台湾と関係を深めることが、中国にとっては本当に嫌なことなのでしょう。

 「自分たちにとってそれをされたら困ること」を日本がやろうとしたら、直ちに舌鋒鋭く大声で反応してくれるので、ある意味で日本にとって大変にやりやすい国でもあります。

 ちなみに産経によると、汪文斌氏は台湾について、「中国の神聖な領土」、「第三者が勝手に手を出すことを絶対に許さない」などと牽制したうえで、「軍国主義の道へ再び向かい、中国人民の譲れない一線に挑む者は誰であれ、必ず頭をぶつけ血を流すだろう」と猛反発した、としています。

 動物の世界でも「弱い者ほどよく吠える」というのは有名な話ですが、「軍国主義の道」とは中国が現在歩んでいる道そのものであり、また、「頭をぶつけ血を流す」などとやたらと大袈裟で勇ましい表現は、北朝鮮かどこかの指導部が述べている内容とソックリです。

●自民党側の政治家がしっかりしてくれることが重要

 いずれにせよ、安倍元総理に引っ張られる形であるとはいえ、日本外交が良い方向に変わろうとしていることについては、日本の有権者としては素直に歓迎して良い話であることは間違いありません。

 あるいは、「財務省の飼い犬」とも揶揄されることもある岸田文雄・現首相が頼りなさげに見える分、安倍総理を含めた自民党の側に、しっかりとした国家観を持った政治家が必要なのかもしれません。

 (※さすがに「財務省の飼い犬」は言い過ぎました。大変失礼しました。岸田首相ごときに例えられて気を悪くしたであろう、全国の飼い犬の皆さまには、深くお詫び申し上げたく存じます。)


「新宿会計士の政治経済評論」より転載
https://shinjukuacc.com/20211202-02/

6

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。