ワシントン・タイムズ・ジャパン

台湾交渉トップ「TPP加入、日本の支援に期待」

「中国が妨害」と批判

インタビューに応じる台湾政府交渉トップの政務委員(閣僚)=18日、台北(時事)

インタビューに応じる台湾政府交渉トップの政務委員(閣僚)=18日、台北(時事)

 環太平洋連携協定(TPP)への加入を9月に申請した台湾政府の交渉トップ、●振中政務委員(閣僚)は18日、時事通信の単独インタビューで、TPPを主導してきた日本に「多くの支援を期待している」と述べた。加入実現に向けた第一歩となる作業部会の立ち上げに関し、議長国の日本がリーダーシップを発揮することに強い期待感をにじませた格好だ。

 加入申請後、●氏が日本メディアのインタビューに応じたのは初めて。

 この中で●氏は「台湾は何年も前から(加入を)準備してきた。自由な市場と健全な法治もある」と指摘。台湾はTPPの「模範生としてルールを忠実に守ることができる」と力説し、早期加入に意欲を示した。

 台湾の加入申請を受け、日本の複数の閣僚が「歓迎」を表明した。●氏は「台湾がTPPに加入したら、台日関係はさらに密接になるだろう」と抱負を語った。

 台湾より6日早く加入を申請した中国については「TPP参加国に台湾を支持しないよう求めるなど、妨害活動を始めている。大変残念だ」と批判。その上で「台湾は参加国への働き掛けを一歩一歩進めていくしかない。中国の妨害に関しては、参加国が判断することだ」と説明した。

 対日交渉のネックとなる可能性がある福島など5県産食品の禁輸問題をめぐっては「過去10年で(禁輸解除の前提となる)科学的な数値や証拠が蓄積されてきた」と指摘。輸入再開に向け、「日本政府としっかり話し合いたい」と強調した。
(台北時事)

●=登におおざと

2

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。