«
»

中国の内モンゴル同化、加速か 漢語授業早まる

母語であるモンゴル語への想いを訴えたモンゴル文字を掲げる子供(モンゴル人コミュニティーのフェイスブックより)

在日モンゴル人家族に圧力も

 昨年9月から学校教育を中国語(漢語)中心に切り替える政策が取られている中国・内モンゴル自治区で、段階的に行われるはずだった同政策が予定よりも早く進められていることが、複数の情報筋から明らかになった。

 日本で抗議活動を行う内モンゴル出身者らに対しては、故郷の家族や親戚に中国当局から圧力がかかっていることも分かった。同化政策を強引に推し進める中国政府の手法に、在日モンゴル人らは不安を募らせている。(辻本奈緒子)

 昨年8月に見つかっていた中国当局の公文書とされる書面では、中国語で行う授業を9月の秋学期から小学1年生と中学1年生を対象に国語(中国語)、2021年から同じく小1、中1に道徳と政治、22年には中1の歴史で導入し、25年からは大学受験を中国語で実施することを通知していた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。