«
»

中国共産党の「2+2」批判は会合が大成功だった証拠

本当にわかりやすい!指摘が図星だと「逆ギレ」する中国の反応

 ウェブ評論を通じ、長年、中国や北朝鮮、韓国のメディアを眺めて来た経験から申し上げると、中朝韓のメディアが相手国を批判するときは、たいてい、主客を転倒させるとうまく説明が付きます。昨日の「日米2+2」において、中国共産党の機関紙『環球時報』(英語版)が「日米の声明文にはサプライズはなく、また中国に対する批判には根拠がない」と批判して来たようです。すなわち、昨日の「2+2」が大成功だった、というわけです。本当にわかりやすい国ですね。


●中国共産党が日米2+2を批判

 昨日東京で開催された「日米2+2」会談では中国を名指しして批判したとする話題については、『「日米2+2」で中国を名指しも「日韓」には言及なし』で触れました。これに関連して中国共産党の機関紙『環球時報』の英語版、すなわち『グローバルタイムズ』が、さっそく、こんな記事を配信したようです。

US-Japan statement no surprise, ‘accusation baseless’


―――2021/03/16 22:53付 環球時報英語版より

 環球時報によると、「中国側のアナリスト」らは「日米の共同声明にはサプライズはない」などとしつつ、日米が中国をと批判したことに関しては、「実際には中国の主権や革新的利益に関わるものであり、地域を不安定にしているのは米国」、「むしろ米国の側が自制すべき」、と結論付けているのです。

該当する記載は次のとおりです。

“Chinese analysts said that the US-Japan ministers’ joint statement is no surprise, and the so-called “coercion or destabilizing behavior” by China in the region is actually related to China’s sovereignty or core interests, and most frictions were triggered by provocations from the US or its allies, so the US should rethink how to reduce its negative impact to the region that would create more instability.”

 中国が開き直るであろうことは、ある程度は想像していたことではありますが、まさかここまで凄い反応が出て来るとは思いませんでした。

 日米は中国の行動を「ルールに基づく国際体制を損なう、地域の他者に対する威圧や安定を損なうもの」と批判したのですが、その点に関する具体的な反論もなしに、「中国の行動は問題がないから問題がないんだ」、といった主張です。

 やはり非民主主義国では第三者を理屈で納得させる技術が発達しないというのは本当なのでしょう。

●中国に対する批判には「根拠がない」

 環球時報はまた、中国外務省の趙立堅(ちょう・りつけん)報道官が火曜日の会見で、「日米間の協力は各国間の相互理解と信頼を高めることに役立つものでなければならず、第三者の利益を損なうものであってはならない」と述べたのだそうです。

 さらに、中国人民大学国際学部の金燦栄(きん・さんえい)副学長は次のように述べたのだそうです。

“The criticism against China raised by the US and Japan such as ‘behavior inconsistent with the existing international order’ is groundless, because almost all changes in the region are caused by the provocations from the US and its allies, partners or puppets in the region.”

 意訳すれば、「米日が中国に対して提起した『既存の国際秩序に対する矛盾する行動』という批判には根拠がない」、「この地域における変化のほとんどすべては米国やその同盟国、パートナー、あるいは操り人形らの挑発が起こしているからだ」、といったところでしょう。

●中国に当てはめたらうまく説明が付く

 ウェブ評論を通じ、長年、中国や北朝鮮、韓国のメディアを眺めて来た経験から申し上げると、中朝韓のメディアが相手国を批判するときは、たいてい、主客を転倒させるとうまく説明が付きます。

 たとえば、「日本は歴史を歪曲・捏造している」といった批判を見ることがありますが、「南京大屠殺」しかり、自称元徴用工問題しかり、自称元慰安婦問題しかり、たいていの場合、歴史を歪曲・捏造しているのは彼らの側だったりします。

 この点、今回の環球時報の記事も、「米国」を「中国」に置き換えたらすんなりと意味が通じる箇所が多いのですが、一箇所だけうまく通じないのが、金燦栄氏の “the provocations from the US and its allies, partners or puppets in the region” の部分です。

 なぜなら、インド太平洋には日本を筆頭に、米国の同盟国、準同盟国ならばたくさん存在しますが、中国の同盟国(あるいは属国)というものは、あまり思い浮かばないからです。せいぜいロシアか、それとも、 “puppets of China“ の部分に南北朝鮮が入るくらいでしょうか。

 あるいは、外から見て、ロシアと中国が「仲が良い」ように見えるのはたしかですが、それでも両国がお互いにお互いを「同盟」と呼び合えるほどに信頼しているかは微妙です。

 あくまでも一般論ですが、下記図表に示す、J国、C国のような国が存在したとして、周辺国はJ国、C国のどちらに憧れ、どちらを国家建設のモデルにしようとするでしょうか。

図表 基本的価値
zu210317
(【出所】著者作成)

 その答えはあえて申し上げません。

 ただ、J国スタイルだと友邦が増える傾向にあるのに対し、C国スタイルだとあまり友邦は増えないのではないかと思えてならないのです。

●結論:2+2、まずは大成功

 いずれにせよ、バイデン政権後初の「日米2+2」であったという事情に加え、「自由で開かれたインド太平洋」(FOIP)の4ヵ国(日米豪印=クアッド)が初めてテレビ首脳会談を持った直後というタイミングでもあり、普段の「日米2+2」と比べ、今回、かなりの注目を集めたことは間違いありません。

 また、「日米2+2」としては初めて中国を名指ししたこと、これに中国共産党の機関紙が反発したことなどの事実を踏まえれば、中国を牽制するという意味での「日米2+2」は、まずは大成功だった、と考えても良いでしょう。

 (あと、どうでも良いのですが、中国共産党には「雉も鳴かずば撃たれまい」ということわざを教えてあげたいという気がしないでもありません。)


「新宿会計士の政治経済評論」より転載
https://shinjukuacc.com/20210317-03/

6

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。