«
»

中国 新型コロナで春節厳戒

400

帰省自粛の農民工に特別手当 感染拡大引き金の苦い教訓

 中国では昨年末から新型コロナウイルスの感染者が増加傾向にあり、再流行すれば経済的打撃だけでなく、政治日程、2022年の北京冬季五輪についても国内外の厳しい視線にさらされる。延べ30億人が移動する春節(旧正月)連休が迫り、習近平指導部は警戒を強めている。 (深川耕治)

 中国武漢を感染源とする新型コロナによって昨年1月23日、武漢市内が封鎖されて1年となる。カタールの衛星テレビ局アルジャジーラが放送した武漢封鎖直前の昨年1月19日に中国人記者2人が現地取材した極秘映像によると、封鎖直前の武漢市内では新型コロナウイルスが人から人へ感染することも、感染者が重症化するリスクも知らされていないため、まったく対応されていない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。