«
»

中国・華為技術が狙う東南アジア市場

中国・北京のファーウェイのショールーム(UPI)

「デジタルシルクロード」の重点地域 シンガポール、ベトナムは華為排除

 中国の華為技術(ファーウェイ)が東南アジア市場取り込みに躍起となっている。中国側とすれば「米中テック冷戦下」で欧米などファーウェイ外しが本格化する中、経済面では同国と強い関係を持つ東南アジアを自陣に取り込む思惑がある。習近平政権はユーラシア経済圏構想「一帯一路」の関係国に対し、中国独自のネット空間拡張を狙った「デジタルシルクロード」構想を推進中で、東南アジアはその重点地域の一つとなっている。 (池永達夫)

 デジタル経済に対応した「産業の高度化」は、東南アジア諸国にとっても生き残りを懸けた課題となっている。

 その先陣役を担っているのがシンガポールで、バイオ医療やデジタル経済などの技術開発重点分野には、5年間でそれぞれ190億シンガポールドル(約1兆5000億円)の予算が割り振られるなど政府主導で取り組んでいる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。